topimage

2018-02

02/22のツイートまとめ - 2018.02.23 Fri

shou2ca2

ごめん、正面顔がハエトリグモに似てると思った。ハエトリさん好きなもので。>RT
02-22 09:25

全身タトゥーの女性に見える不思議 https://t.co/KX0LCdAnpJ
02-22 09:35

あれ、国によってチェロは男性名詞になったり中性になったりするの?てっきり女性かと思った(フォルム的な意味で)
02-22 09:39

そもそも楽器に性別があるという発想じたいがな。日本人から見るといろいろぶっ飛んでてオタ脳を揺さぶられますがな。。。
02-22 09:46

うちらニホンジンはなんでも「見立て」はするわ擬人化するわでいろいろアレだけども、この名詞は女性!こっちは男性だかんね!という欧羅巴の発想も充分アレだわつまり東西問わず文化の根っこはへんた(強制終了)
02-22 09:53

番外編集:箒も空のにぎわい - カクヨム https://t.co/AwPpNtGU59「細かすぎてどうでもいい創作裏話」第一弾としてオーリのホントどうでもいい小ネタを投稿しました
02-22 23:05

「年の近いきょうだいとの思い出」(宇部 松清さんのレビュー)/カゴをもっておつかいに - カクヨム https://t.co/JXxeXLn9h9レビューありがとうございます!
02-22 23:46

この童話は初めてネットで書いた作品なので思い入れがあります。漢字も小学校3年生が習う範囲(当時)を一生懸命調べて、混ぜ書きだとわかりづらい単語にはルビを振ったりしましたねー。ワーイ嬉しいなあ( ;∀;)
02-22 23:50

さて、番外編とか「細かすぎて~」とかでガス抜きをしつつ、日付が変わったらオーリの少年時代の話を投下しますよ。個人サイトで未完の作品ですが、自分への尻叩きです。何話でおさまるか見当もつきませんが(←いつもの見切り発進)不定期連載で完結を目指しますのでよろしくお願いします。
02-22 23:55

02/21のツイートまとめ - 2018.02.22 Thu

shou2ca2

番外編集:箒も空のにぎわい - カクヨム https://t.co/AwPpNtGU59本編の後日談やスピンオフ、微妙に関係性が違うだけのif世界の話、いろいろ好きなように書き散らしています
02-21 08:40

オーリローリの独白は、もともと本編の10-4あたり、ステファンとの会話の中で明かされたエピソードでした。美術展でカニスをやりこめた直後なので、ここで重い過去話を入れては話のテンポが悪くなるな、と思って削ったものです。番外編では独白という形にしたけど……うん、やっぱり重いわ、内容的に。
02-21 08:45

次に番外短編を書くとしたら、どーでもいい日常話がいいなあ。それか、くっだらないネタ話。オーリの少年期の話は中~長編になるので何話かに分けて、番外編とは別枠で投稿したいです。
02-21 08:50


02/20のツイートまとめ - 2018.02.21 Wed

shou2ca2

私が創作の中で言いたかったのもこれだ。誰の行動にも理由がある。母親叩きをしたって何も解決しないんだもの>RT
02-20 07:55

幼い頃母親を失ったオーリにとって、胸の中の母親に対する思慕は、まさに聖母を求めるようなもの。だから代償のように、幼い頃の子守りだったマーシャに家に呼んだ。けれどマーシャは母親ではない。あくまで「家政婦」として雇用契約を結んで給金を払っている。この一線はだいじ。
02-20 08:11

対する「鬼」の部分は伯母のガートルードが担った(これは現在解決済み)。あと、ステファンの母ミレイユには、冒頭ではわかりやすいテンプレ的な毒親的役目を担ってもらった。彼女の問題はステファンの成長と共に明らかにしていったけど、呪いを解く行動はミレイユ自身がやらねばならなかった。
02-20 08:18

とはいっても、ミレイユの性格そのものは変えたくなかった。真面目で几帳面の度が過ぎて端から見たらちょっとコミカルにさえ見える人。21世紀の現代なら何らかの症状名をつけられそうな人。だって母親に必要なのは、子に毒をあたえるほどの呪いを解くことであって、善人になることじゃないもの。
02-20 08:25

てなことはTwitterでごちゃごちゃ言うとらずに作品で書け、っちゅうことですね、はい。そのうちにミレイユ母ちゃんの実家よもやま話とかオーリの少年時代の話書きます。(←セルフ尻叩き)
02-20 08:29

ステファンは母親から離れなければならない。10歳というのはギリギリのタイミングだったかもしれない。ああいう真面目で優しい子は、母親が抱える呪い(トーニャに言わせれば宿題)にやすやすと飲み込まれてしまうから。母の問題は母自身に任せて、彼は自分の場所で自分の城を育てるべきだ。
02-20 08:36

ああ、わんこ可愛いなあ可愛いなあ。作品の中では悪役を犬に例えたりしたけど、わんこ大好きだ。小さい頃は白い子犬を飼ってたんだよー。もっふもふの可愛い子だったよー。
02-20 09:05

#ドクターに言われた衝撃的な言葉患者「なんで癌なんてなるんですかね」医者「寿命が延びすぎたからや。今の半分でぽっくりいけたら癌リスクはもっと低いわ」患者「長生きしすぎ……ですか」医者「人間五十年~て歌にもあるやろ?それくらいが丁度ええ塩梅よ」患者「塩梅www」入院中に聞いた話
02-20 10:38

尚、患者はover80の癌サバイバーなマダム。ケロケロ笑ってました。わたしゃ隣でこの会話聞いてて絶対100まで生きたろ、と思いましたまる
02-20 10:42

02/17のツイートまとめ - 2018.02.18 Sun

shou2ca2

油絵の具なつかしや。画材やさん大好き。近ければ行きたいくらいだけど交通費だけで絵の具のウン倍かかるからなあ(泣)
02-17 06:14

02/16のツイートまとめ - 2018.02.17 Sat

shou2ca2

魔女集会タグ、でも字書きさんの参加少ないのね~もっと書く人増えたらいいのにな(主にワシが喜ぶ)
02-16 08:39

個人的には、拾った子を自分好みにとかいう犯罪ちっくな関係は勘弁してくださいと思うので、育ててみたらあんれまあ存外にデカくなっちゃって想定外に強くなっちゃってという魔女の困惑が見たい。若紫育成計画やちじんの愛みたいなのじゃなくてだな。
02-16 08:42

人の子でも人外の子でも、子育ての醍醐味は意外性だと思うんよな。打算や駆け引きじゃなしに、育てたいから育てた→いつのまにか立場が逆転したか?と思うほど成長してた→「結果的に」負うた子に守られた、みたいな話が好き。魔女はほんとは助けなんかいらないんだけど→
02-16 08:51

ほうほう、あのおチビがのう…とニヤニヤできるのがいいな。(あくまで個人的好みです)
02-16 08:54

02/15のツイートまとめ - 2018.02.16 Fri

shou2ca2

お礼が遅くなってしまいましたがこちらで。番外編集に☆や応援♡をつけていただき、ありがとうございます!不定期ですがいろいろ書いていきたいと思っています。
02-15 08:54

本編のおまけとして書いていた番外編2作(秋のおとぎばなし、エレインの休日)も、今日中に番外編集のほうに移す予定です。せっかくPVや♡をいただいているのに申し訳ありません。今後もよろしうお願い申し上げます。
02-15 08:56

「秋のおとぎ話」「エレインの休日1/4~4/4」を番外編集に移動しました。せっかくいただいていた♡やPVが消えるのは残念やら申し訳ないやら…ですが、こちらの番外編も今後更新していきますので、引き続き楽しんでいただけたらいいな。
02-15 09:31

番外編集:箒も空のにぎわい - カクヨム https://t.co/AwPpNtGU59
02-15 09:37

「翼ある者 」投稿しました番外編集:箒も空のにぎわい/まつか松果 - カクヨム https://t.co/AwPpNtpjdBtwitterのタグ #魔女集会で会いましょう に乗っかって即興で書いてみました
02-15 17:48


02/13のツイートまとめ - 2018.02.14 Wed

shou2ca2


がんばれ開発担当! 本人鬼監修の“叶姉妹フィギュア”が試作品から超ファビュラス - ねとらぼ https://t.co/ycJGxBGW0I
02-13 10:21

表情が素晴らしい。こっちでもRTせざるを得なかった>RT
02-13 10:22

でも、お高いんでしょう?
02-13 10:24

02/12のツイートまとめ - 2018.02.13 Tue

shou2ca2

番外編集:箒も空のにぎわい - カクヨム https://t.co/AwPpNtGU59本編の後の小話として、「魅惑のテール・クラップ」を投稿しました。
02-12 15:01

グラマラス竜人のダンサーが出てきますが、一応ステファン目線ですのでぼよよん度は低いです(;^_^A。懐かしいフィルム時代の映画館はこんなもんだったよ、と郷愁を込めて。
02-12 15:25

テール・クラップなんて造語が英語として正しいかどうかはしりましぇん。ワタクシ英語力なっしんぐ。。。
02-12 15:38

映画がフィルムで上映されてて、映画館が今のシネコン方式じゃなかった頃の描写を試みたけど、今の若い人に伝わるじゃろうか。2、3本立ては当たり前、上映途中で入場しても次の回でまた頭から観ればええやん、というゆるーい時代でした。
02-12 22:35

映写技師は狭いブースの中でピント合わせやらリール交換やらやってたから大変だったようで。古いフィルムなんかだとよく切れたんだこれが。今では考えられない長時間の映画もあってね、途中で「 Intermission(休憩)」なんて字幕が入って、その間に客はトイレに行ったりジュース買ったりするわけよ。
02-12 22:43

ニュー・シネマ・パラダイスとか観ると、裏方作業や昔のフィルムがいかに燃えやすくて大変だったかが垣間見れるかと。でもあの「魔法の窓(映写ブース)」は憧れだったなあ。
02-12 22:48

などという昔話をし始めると止まらないのが年寄りなんじゃて。いかんいかん、もう寝よう。
02-12 22:51


02/11のツイートまとめ - 2018.02.12 Mon

shou2ca2

そりゃ当初の予定通りゴリ押ししますわ( ̄ー ̄)ニヤリ>RT
02-11 21:07

02/10のツイートまとめ - 2018.02.11 Sun

shou2ca2

それな。聞きながら書くというのは、大人は当たり前のように思うかもしれないけど、実は訓練しないと難しいもんだよ。入力(聞く)→音声を言葉として認識する→出力(書く)という作業を連動できるようになるまでは時間がかかる子もおるんやで。少し待ってやってほしいものです。>RT
02-10 08:29

ワシそもそも純文学てなんじゃろげの人間やし。文学とそうでない小説(ラノベとかを指しているのか?)を分けて考える意味もわからんし。
02-10 13:10

逆手にとって、昭和の時代感を出したいときにはヨードチンキ(いわゆる赤チン)を出すとかね、薬は使いよう>RT
02-10 21:32

人魚さんや……>RT
02-10 21:40

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

松果の小説置き場

ホームページHPバナー


電子書籍にしてみました

お世話になってます

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

松果にひと言ど~ぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新トラックバック

あし@

探してみる?

プロフィール

松果

Author:松果
まつか松果(まつかしょうか)

別サイトで自作小説書いてます。
1962年生まれ 2男1女を持つ田舎のオカンです。

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

未分類 (4)
日記 (128)
創作トンデモ考察 (10)
バトン (6)
お題小説 (3)
ツイート (104)
小説 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる