2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ついでに」なんていうとユーリアンに怒られそうですが、勢いで書いちゃいました。
サブキャラの中では結構気に入っている、面白い人なので。

【オリキャラバトン】
→答えは、オリキャラになったつもり(口調など)でお答えくださいー。

■名前
ユーリアン・ナガルジュカ

■フリガナ
省略!

■年齢
27歳(1952年時)

■身長
173cm

■血液型
B型

■出身地
エリサクシドル領チャターナ島

■種族
人間。それ以上の区別は意味がない。

■職業
建築士、魔法使い

■使用武器1
杖、かな。一応、炎使いではある。

■使用武器2
巧まざるユーモアってやつ? 誰だよ後ろから叩くのは……

■名前の由来を教えてください。
「Urien」は伝説の騎士の名らしい。似合う? ナガルジュカは「竜樹」
を意味する「ナーガルジュナ」からの派生語

■一人称は何ですか?
僕。仕事では「私」も使うかな

■二人称、相手のことを何と呼びますか?
君、あなた、とかまあ常識の範囲で。オーリは年下だし長い付き合いなので「おまえ」と呼んでるな。

■どんな髪型をしていますか?
短髪。くせっ気でね、伸ばすと収集がつかなくなる。

■肌の色は何色ですか?
褐色。

■髪の色は何色ですか?
黒。

■目の色は何色ですか?
黒。

■身体的特徴を教えてください。
肩幅が狭いだって? 大きなお世話だよ(笑)

■過去に大きな病気や怪我はありますか?
少年時代から火傷はしょっちゅう。いろんな意味でね。

■家族構成は?
妻、長女、「オーリローリ」では次女も生まれている。僕は魔女に囲まれているわけだ。

■戦い方のスタイルを教えてください。
先手必勝。炎を使うのは最後の手段。

■戦うのは好きですか?
まさか。他愛ない喧嘩レベルなら嫌いじゃないけどね。

■体力、力、防御力、魔法力、素早さ。1番自信があるのは?
素早さ、かな。跳躍力ってのもプラスしてくれない?

■男性の好みのタイプは?
男は好みじゃないなあ。友人ならちょっと変わった個性の奴。

■女性の好みのタイプは?
特にない。恋をした相手がタイプ、ってことになるんだろう。

■苦手な男性のタイプは?
他人を見下す奴。

■苦手な女性のタイプは?
これも特にない。基本、女性はみんな天使だと思っている……いてて、トーニャ許して! 蹴らないで!

■好きになったらどういう行動に出ますか?
退屈はさせない(にんまり)

■何フェチですか?
爪。魔女の爪は最高。

■好きな食べ物は?
焼き菓子、乳製品。

■苦手な食べ物は?
冷たいもの。じつは、腹が弱いんだよ。流行してる真っ黒な炭酸水、あれ
は最悪だ。

■よく飲む飲み物は?
熱い紅茶。もちろん真夏でもね。

■どんな本を読みますか?
歴史もの

■好きな季節は?
夏。女性が薄着になるのは素晴らしいことだ。(トーニャ、引っ掻かないで!)

■趣味は何ですか?
古書の蒐集、装丁研究。

■簡単に自分の履歴を述べてください。
植民地である火山島、チャターナに生まれ、貿易商だった祖父に連れられてこの国に移住した。ソロフ師匠のもと、オーリたちと魔法を学んだ。18の時に軍に徴用されるも、近代戦では魔法使いは役立たずと思い知った。大戦後は建築士になるべく学校に通いつつトーニャと同棲、5年後に資格を得、義母の許しを得ぬまま結婚、今はカヴァンシーヒルに借家住まいしている。本国が独立を果たした後も故郷の島は植民地のままだ。帰る気はない。

■自分の性格を一言でいうと?
小さいことは気にしない。

■自分の周りで愛用暦の長いものは?
師匠からもらった懐中時計、故郷の火山ガラスで作ったペーパーナイフ

■もっとも自分らしい台詞はどんなものですか?(話の中などで)
「君たち北方移民の一族が植民地出身の僕を快く思っていないことくらい知ってる。結婚する時だってボロクソに言われたしね。だからって何だ? 僕だってれっきとしたソロフ師匠の弟子だ、北も南もあるか。悪口と嫌味の波状攻撃を受けたって、こっちはあいにく撃沈させられるほど繊細じゃないんでね」

■あなたのイメージソングは何ですか?
WITCHCLAFT  by BILL EVANS TRIO

■最後に一言お願いします。
小説の中ではお調子者のように書かれてるが、僕のほうがオーリより正直だと思うぜ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

このバトンの面白いところは、キャラの口調になってみることによって、今まで意識していなかった個性が発見できることでしょうか。
自分が作った設定表は箇条書きだったので、こうして書いてみると新鮮です。


【】
お久しぶりです!
読んでるだけで面白かったです^^
毎回貰ってすいません、また頂いていきます!
【>霧都さん】
お久しぶりです~。
バトンどうぞ持っていってください。
やってみると、キャラが自分で履歴書を読み上げてるみたいで面白いですよ。
この記事へコメントする















松果

Author:松果
まつか松果(まつかしょうか)

別サイトで自作小説書いてます。
1962年生まれ 2男1女を持つ田舎のオカンです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。