2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日は市内の多くの小学校で卒業式がありました。

ついこのあいだまでピィピィ泣いてたうちのお嬢も、晴れて卒業ですよ。
長男の頃からPTA役員なんかで長~く関わってきた小学校とも、お別れだぁ(感無量)

うちの小学校だけかな?毎年、卒業式は演台を体育館の中央に置いて、父兄は両サイドに座り、卒業証書授与の時、子供の横顔が父兄席からばっちり見られるようにしてくれている。先生方の心憎い演出です。
あーそれにしても子供の成長って早いな~
近所で虫捕り網抱えて走り回ってたやんちゃ坊主が凛々しいスポーツ少年になってたり、
ランドセルが痛々しく見えるほどオチビさんだった子がすらりとした美人さんに成長してたり、
みーんなでっかくなっちゃって。

今日のタイトル「旅立ちの時(作詞:ドリアン助川・作曲:久石譲)」は、そんな子ども達が歌った卒業ソングです。
ちなみに在校生が歌ったのはレミオロメンの「3月9日」
最近は学校ごとにいろんな選曲があって面白いですね。ン十年前に「仰げば尊し」以外に選択肢のなかった私としてはちょっと羨ましい(いいな~)



そんなこんなで忙しかったですが、小説の更新だけは予定通りできましたのでお知らせです。
アドルフと鏡の魔女」十二話『やっかいごとの予感』Up!
舞台は再びオーリ宅。ユーリアンよどうなる? という話になっていくはずですが……まだ今回はのんびりです。
感想をお待ちしております。

 



【おめでとうございま~す♪】
すっかりご無沙汰です。(←もうこのセリフも板についてきた?)

いやはや…。
なんやかんやと忙しい今日この頃です。
仕事も増えちゃったしね(汗)

でも松果さんからコメントいただいて、メチャメチャ嬉しかったです!!
忘れないでいてくれたのねっ♪

長い小学校生活、お疲れ様でした!
娘さんも、おめでとうございます!
まだまだブログを始めた当初でコメントもほとんどなく、反応を知りたがっていた頃に、私の小説を読んで松果さん越しに感想をくださった娘さんですよね?

あれは本当に嬉しかったです!改めてありがとうございます♪

松果さん、思いっきり泣いてきました?? 私も、自分の娘や息子が卒業する時は、感無量で号泣なんだろうな~。よその子でも、これだけ泣けるんだもん(笑)
(とはいっても、今回は泣く事に集中出来なかったけど…)

松果さんはP役員としても先輩ですもんね。また、そんな辺りも話が出来たら嬉しいです♪

今は娘がダンスのコンテストメンバーに選ばれたので、4月2日の当日まで、チョー忙しい毎日です。
自分の小説も、おろそかになってきてしまったような状況なので、ほんとに毎度ですが、落ち着いたらぜひまた松果ワールドに浸りに来ますね。

…と、ここまで書いて思ったけど、ミナモの名前でコメント書いてるのに、思いっきりcocoa風でした。へへへ。
【ミナモさ~ん♪】
お久しぶり~
そしてありがとうございます。

いやー三人目の卒業式なんて親も慣れちゃって……と思ってましたけど、ああこれでもう小学校に来ることもないんだなあ、と思った途端、涙がぶわっ!
花粉症とあいまってスゴイことになってました。わはは。

ミナモさんの娘ちゃん、ダンスのメンバーに選ばれたのね。すごいっ!v-10
お互い四月は忙しいけど、無理のないように頑張りましょうよ。私も今のところ、小説は書き溜めてた分を小分けで公開してるだけv-16
中学校ではまた役員だし~書く時間の確保がまた大変だこりゃ。
ま、なんとかなるさ。なんとか(根拠のない楽観主義)
【】
こちらでははじめまして。
卒業シーズンということで、私の場合ははるか昔になってしまいました。
学校の卒業式の思い出として、私が提案した「よびかけ」が採用され、卒業式で、卒業生たちが暮らすごとに在校生に呼びかけるアトラクションをしたことがありました。
【K.Sさんへ】
わー、はじめまして(笑)こちらにまでありがとうございます。
卒業式の思い出、年代によっていろいろですね。
ウチの娘も大人になったらしみじみ思い出すのかな……

この記事へコメントする















松果

Author:松果
まつか松果(まつかしょうか)

別サイトで自作小説書いてます。
1962年生まれ 2男1女を持つ田舎のオカンです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。